私たちは、事件、事故等の被害者やそのご家族を精神的に支援する、民間ボランティア団体です。

命の大切さを学ぶ教室


命の大切さを学ぶ教室(命の授業)とは

当センターでは、島根県警察本部からの委託事業として、将来を担う中学生・高校生に対して、【命の大切さを学ぶ教室 (命の授業) 】を開催しています。
この教室では、県内外の犯罪被害者遺族の方に、ご家族を亡くされた体験等を約 1 時間〜1 時間半、話していただきます。


命の大切さを学ぶ教室(命の授業)の効果

講演者が、犯罪被害者等が受けた様々な「痛み」、子どもを亡くした親の思い、生命の大切さ等を生徒に直接語りかけることによって、

  • 犯罪被害者等への理解・共感する心、犯罪被害者等への配慮や協力への意識の涵養
  • 犯罪を犯してはならないという規範意識の醸成
  • 自分や他人の命を大切にすること、いじめや暴力をなくすなどの規範意識の醸成

等に大きな効果が期待されます。


島根被害者サポートセンターが行うこと

  • 開催校の決定および講師選定
  • 学校への説明、事前打ち合わせ等

  • 配付資料、感想文用紙の準備
  • 演題及び講師紹介文の準備

  • 講師の送迎
  • 講師謝金、旅費の支払い


警察が行うこと

  • 学校に対する開催希望調査
  • マスコミに対する広報
  • 会場準備手伝い

開催校へのお願い

  • 会場の確保
  • 講師待機場所、駐車場の確保
  • 司会進行、講師紹介
  • 生徒の感想文または作文の提出


平成 29 年度の開催希望の締め切りは平成 29 年 1 月 31 日です。
命の授業に関するご質問等がございましたら島根被害者サポートセンター事務局 (TEL. 0852-32-5928) へお問い合わせください。